« ほんと、大変だ… | トップページ | なあんにも無し »

2011年8月19日 (金)

たまには~まじめな話: 福島のこどもたち

今宵は昼間の豪雨のおかげで、本当に過ごしやすくなっておりますgood

さて~~

たまには、まじめな話でもしますかね!

姫乃も昨今の日本の政治には言葉もありませんが・・・

この福島の子供たちの記事に、

姫乃は言葉も無いを通り越して、悲し~~いcrying

政治家も官僚もだめだめだあ

いったい日本はどうなっちゃったんだあ・・・

お子さんをお持ちのみなさん、

是非、読んでいただけるとうれしいですnote

では、以下記事とその記事の詳細のURLです

---pencil-----pencil---pencil-----pencil---pencil-----pencil---

福島の子供たちが議員会館を訪れ官僚に自分たちの気持ちを訴え、

そしてメッセージを手渡しましたsign01

A51d070aed0fdcf277ae649063deeea5

子供たちこそ今回の震災、原発事故の犠牲者、

「大人が勝手に作った原発でなぜ福島の子供たちが被ばくするのですか?・・・

友達とばらばらになっていくのは耐えがたく悲しいことです・・・」

「私たちは原発事故以来外で遊んでません、友達は家を追われました・・・」

「学校の友達と安全に避難できるように考えてほしい・・・」

この声に対し

「除染して早く帰れるように努めてまいります!」

「関係各省庁と連携を取ってやってゆきたいと思います!」

なんじゃこの返事・・・

国会答弁かあ~(@_@)

友達と一緒に集団疎開したいと要望している子供たちに対して

回答になっとらん

「原子力発電所が安定し、学校がきれいになれば、みんな安心して

学校に行けます!」←はあ・・・?

それいったいいつなんだよ、今、友達と居たいって言ってる子供に

何綺麗ごといってんの・・・?

あ~あ、これ書いてたらまた腹立ってきたsign01

子供たちの未来を政治にも、官僚にも・・・

もはや任せてはおけな~いsign03

国民ひとりひとりが真剣に考えて立ち上がる時かもよ~~think

詳しい記事は ↓

http://news.livedoor.com/article/detail/5792271/

|

« ほんと、大変だ… | トップページ | なあんにも無し »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
TVで見て腹を立てていた一人です。
子供の質問にまるで見当違いの
答弁!!なんですかこれは!!
とkikiも思っていました。
福島の子供たちの方が
問題点をしっかり正面からとらえている。
一方政府・官僚側のいわゆる”前向きに善処します”的な回答はあまりに誠意がなくて
情けなくて悲しくなりました。

投稿: kiki | 2011年8月20日 (土) 09時44分

これテレビで見ました。
インタビューに応えている子どもが「言葉が難しくってわからなかった」と言っていました。
そのとおりでしょうね。
でもこれ原発に何の権限もない、文部科学省が開催したんだよね。たぶん毎年夏休みに開催してるんじゃないかなぁ~?
本来の所管が違う、そういう縦割りこそが、オカシイ!!!(怒)

投稿: Lisa | 2011年8月20日 (土) 08時23分

私の父親の実家は福島にあります・・
なのでもちろん親戚はたくさんいます・・・

本当何の関係もない子供たちがなぜ被爆しなきゃいけないの・・・
本当、私もこのテレビ見てましたが、言葉に詰まる思いで聞いてました・・・
本当にひどい話だし、国がどこまで責任とってくれるのか・・・sweat01

投稿: oluoluのゆー | 2011年8月20日 (土) 08時14分

官僚は始めから、現場を知らなさ過ぎで物事語ってますから...頭で綺麗事ばかり...
信頼できないですよね〜。

投稿: 大海 | 2011年8月20日 (土) 08時00分

なんか他人ごとのお話ですね、議員さんは・・・pout
今原発をなんとかしなければ・・と考えているのは国会議員以外の人たちですよね。
いまどき総裁選・・ですかdown
あきれ返って何にも言えませんねdespair

投稿: 里山のプーさん | 2011年8月20日 (土) 07時27分

議員さん達に、被災地で生活してもらえばより実態が分かるのに・・・think

投稿: ミッサリー | 2011年8月20日 (土) 07時06分

うちも幼稚園児の娘っちがいるから
他人事じゃないんだよね。
この前もこれ関係のニュース特集観てて
泣いてたらまだよくわかってない娘が
何でママ泣いてるの・・・ってもらい泣き
してたのよ・・・。
大人の勝手な理屈や都合は子どもたちには
関係ないこと。
その子どもたちの思いや訴えを無視して
日本はいったい何をしてるんだろうって
思ったよ。
幸い神奈川に住んでる自分たちは生活に
不便なく暮らしてるけど普通の生活を
送れてることに感謝しなきゃって娘っち
に話してしてたんだ。

投稿: ゆうこ | 2011年8月20日 (土) 00時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1484145/41281978

この記事へのトラックバック一覧です: たまには~まじめな話: 福島のこどもたち:

« ほんと、大変だ… | トップページ | なあんにも無し »